不動産・ビル管理|二俣川の不動産業者に聞きたい!ルームシェアとシェアハウスの差

【無料の企業PR広告】
■該当件数1件 | 1 |
TOP > 不動産・ビル管理 > 株式会社トリニティーズ不動産

二俣川の不動産業者に聞きたい!ルームシェアとシェアハウスの差


最近、二俣川エリアでも流行のきざしを見せているルームシェアとシェアハウス。どちらも同じ意味のようで、実は、不動産業界ではそれぞれの定義が厳密に定められているのです。まず、ルームシェアとはひとつの部屋として区切られた空間をさらに細かい単位に割り振ってシェアすることで、ひとりあたりの私有面積はその分小さくなります。一方のシェアハウスは、ひとつの賃貸なり一戸建てなりを複数人でシェアすることで、一般的にルームシェアよりもひとりあたりの個室は広くなります。ルームシェアもシェアハウスも家賃や水光熱費を共同で負担する点は共通しており、住居費の節約につながることもあって二俣川エリアでも増えつつあります。二俣川エリアのような比較的庶民的な地域ではルームシェアがしやすい適度な広さと家賃の不動産物件が密集しているため、「住まいを分け合う」という文化が自然と根づいたのかもしれません。最近ではルームシェア専用の物件も斡旋されていますが、物件によってはルームシェアを禁止している場合もあるため、入居前に不動産業者にきちんと確認しておきましょう。なお、ルームシェア初心者のうちはトラブルを避けるため、信頼関係のある知人を同居人に誘ったほうが無難です。